グッズトップへ
<LPレコード>
 Last Update 2003.05.01
画像をクリックすると、大きい画像が見られます。↓
新しく更新したもの
タイトル
●=品番、発売時期、発売元、種類、価格
◎=Gマン関連の収録曲(歌手名)
※=備考、解説
テレビ・オリジナルサウンドトラック盤 科学忍者隊ガッチャマン
●CS-7042、1977年10月25日、日本コロムビア、LP33.1/3回転、1,800円
◎「ガッチャマンの歌(子門真人、コロムビアゆりかご会)」「一緒に歩こうこの道を(ささきいさお)」「さらば友よ(ささきいさお)」「倒せ!ギャラクター(コロムビアゆりかご会)」
※レッドインパルスと健の別れ、ジョーと忍者隊の別れのシーンを中心にTVシリーズからの音声でドラマを再構成。説明不足の部分は、健のナレーション新録音で補足。このLPの為にささき氏が作詞作曲した「さらば…」「一緒に…」を収録。アニメ初のシンガーソングライターである。「ささきいさおが涙ぐみながら絶唱した」が売り文句であった。当時ささき氏が舞台出演で103〜105話分のジョーの台詞だけ別録音だったが、そのテープを紛失した為、このLPのジョーと忍者隊の別れのシーンはジョーの部分だけ新録音。その為、台詞のニュアンスがTVと違っている。同年10月30日には日本橋三越デパートの屋上でイベントが行われ、森功至、佐々木功、杉山佳寿子、塩屋翼が出演、レコードを買うと寄せ書きがもらえた。予約で買うと、健とジョーのポスター(A全版)がもらえた。
交響組曲 科学忍者隊ガッチャマン
CQ-7009、1978年7月10日、日本コロムビア、LP33.1/3回転、2,300円
◎「プロローグ」「ガッチャマンのテーマ」「時の子守唄」「大都会の夜」「戦闘」「ガッチャマンの歌」「ジョーのテーマ」「エレジー」「総裁Xのテーマ」「エピローグ」
※TVシリーズ第1作目を編集した映画「科学忍者隊ガッチャマン」(1978年7月15日松竹系)のサントラ盤。NHK交響楽団。作曲=すぎやまこういち。当時は「アニメをNHK交響楽団がはじめて演奏」がうたい文句だったが、後に発売されたほかのアニメでも同じ事が書かれていたので、これも本当かどうかはさだかでない。
科学忍者隊ガッチャマンII ヒット曲集
●CS-7095、1979年1月、日本コロムビア、LP33.1/3回転、1,800円
◎「われらガッチャマン(ささきいさお、コロムビアゆりかご会)」「明日夢見て(ささきいさお、堀江美都子)」「大鷲は高く飛ぶ(水木一郎)」「ガッチャマンの祈り(ささきいさお、ザ・チャープス)」「燃ゆる火の鳥(水木一郎)」「ガッチャマンマーチ(ささきいさお、コロムビアゆりかご会)」「僕等のガッチャマン(ささきいさお、コロムビアゆりかご会)」「ミミズクとツバクロ(水木一郎)」「地球に花の冠を(ささきいさお、ザ・チャープス)」
※このLPの為に作られた曲が半分以上あるのに「ヒット曲集」なのだ。アニメの子供向けレコードでは当たり前なのだが。子供向けなので、こっちが恥ずかしくなる曲もある。全体的には良い曲も多い。筆者は「ガッチャマンの祈り」が異常に好きである。
科学忍者隊ガッチャマンII ドラマ編
●CS-7117、1979年6月、日本コロムビア、LP33.1/3回転、1,800円
◎「われらガッチャマン(ささきいさお、コロムビアゆりかご会)」「明日夢見て(ささきいさお、堀江美都子)」
※TVオリジナルサントラ盤。ドラマは、第4話「帰ってきたジョー」、第27話「南部博士死す」を、レコードの寸に合わせて再編集したもの。
科学忍者隊ガッチャマン テレビオリジナルBGMコレクション
●CX-7024、1981年6月25日、日本コロムビア、LP33.1/3回転、2,500円
◎「ガッチャマンの歌(子門真人、コロムビアゆりかご会)」「倒せ!ギャラクター(コロムビアゆりかご会)」その他BGM
※最初のTVシリーズのBGM集。TVバージョンのOP、EDを収録。予約するとポスターがもらえた。
アニメサウンドメモリアル 科学忍者隊ガッチャマン
●CX-7185、1984年10月、日本コロムビア、LP33.1/3回転、2,500円
◎「ガッチャマンの歌(子門真人、コロムビアゆりかご会)」「倒せ!ギャラクター(コロムビアゆりかご会)」「倒せ!ギャラクター(カラオケ)」「ガッチャマンの歌(カラオケ)」「さらば友よ(ささきいさお)」「一緒に歩こうこの道を(ささきいさお)」交響組曲から「プロローグ」「ガッチャマンのテーマ」「時の子守唄」「大都会の夜」「ジョーのテーマ」「エレジー」「総裁Xのテーマ」
※今までコロムビアで発売したレコードを寄せ集めたようなお手軽な感じがするもの。ジャケットにジョーしかいないのも不思議だ。この絵も交響組曲の時に九里一平氏が描いたもので、今回の描きおろしではない。LPの発売はこれが最後となる。
<タツノコものでGマンを含むLP>
画像をクリックすると、大きい画像が見られます。↓ タイトル
●=品番、発売時期、発売元、種類、価格
◎=Gマン関連の収録曲(歌手名)
※=備考、解説
タツノコプロ・アニメーション傑作集
●CB-728〜731、1978年11月、日本コロムビア、LP33.1/3回転、4枚組5,000円
◎「ガッチャマンの歌(子門真人、コロムビアゆりかご会)」「倒せ!ギャラクター(コロムビアゆりかご会)」交響組曲より「プロローグ」「ガッチャマンのテーマ」「時の子守唄」「ジョーのテーマ」「総裁Xのテーマ」その他タツノコプロ作品の主題歌
※コロムビアで発売された「宇宙エース」から「一発貫太くん」までのタツノコ作品の主題歌を収録。
<その他でGマンを含むLP>
画像をクリックすると、大きい画像が見られます。↓ タイトル
●=品番、発売時期、発売元、種類、価格
◎=Gマン関連の収録曲(歌手名)
※=備考、解説
ゴールデンテレビまんが大行進
●KX-20、1972年11月、日本コロムビア、LP、1,200円
◎「ガッチャマンの歌(子門真人、コロムビアゆりかご会)」「倒せ!ギャラクター(コロムビアゆりかご会)」
※Gマン以外には、キカイダ−、ワイルドセブン、アストロガンガー、デビルマン、トリプルファイターのOP、EDを収録。
ファミリー・ベストテレビまんがアクションデラックス
●CW-7176、1978年4月、日本コロムビア、LP、1,500円
◎「ガッチャマンの歌(子門真人、コロムビアゆりかご会)」「倒せ!ギャラクター(コロムビアゆりかご会)」
※アクション・サウンド入りのLP版。台詞入り歌詞の下に“声の出演 ガッチャマン/森功至他”とある。その他の収録曲=「宇宙戦艦ヤマト(ささきいさお、ロイヤル・ナイツ)」「真っ赤なスカーフ(ささきいさお、ロイヤル・ナイツ)」「グランプリの鷹(水木一郎、フィーリングフリー)」「レーサーブルース(水木一郎)」「俺は鉄平(藤本房子、こおろぎ'73、コロムビアゆりかご会)」「行け行け飛雄馬(ささきいさお、こおろぎ'73)」「とびだせ!マシーン飛竜(こおろぎ'73)」「やるぞわれらのゼニゼニチーム(こおろぎ'73、フィーリングフリー)」。
ささきいさお・おとこの詩〜ナレーションと歌で綴る若者へのメッセージ〜
●CS-7072、1978年9月、日本コロムビア、LP、1,800円
◎「一緒に歩こうこの道を」「さらば友よ」
※ナレーションが入っているので曲数は少ない。
ささきいさお・ニューヒットベスト16
●CS-7150、1979年12月、日本コロムビア、LP、1,800円
◎「われらガッチャマン(withコロムビアゆりかご会)」「ガッチャマンファイター(withコロムビアゆりかご会)」「よみがえれ歩き出せ〜ジョーの歌〜」
※他の曲としては、ヤマトの歌が多い。
テレビまんが主題歌のあゆみ
●CB-7005〜8、?年、日本コロムビア、LP、4枚組5,000円
◎「ガッチャマンの歌(子門真人・コロムビアゆりかご会)」
※最初のアニメオムニバス形式のレコードシリーズ。「ガッチャマンの歌」は、3枚目(CD-7007)のA面に収録されている。この様にまとまった形ははじめてだったのでそこそこ売れたらしい。アニメ初期からアニメブームまでは、アニメのレコードはコロムビアの独壇場だった遺産のお陰である。これ以降コロムビアは手を替え品を替え、この様なシリーズを出してくる。
グッズトップへ